私もか、発達障害。(ADHD)

母:身体障碍者 弟:知的グレーゾーン 父:いまのところ何もなし 私:三十路超えてADHD発覚。二次障害のうつと咀嚼しきれないADHDという言葉に翻弄されながらなんとか生きてる人間のつれづれなるままに。

本日のおはなし:アカン系完璧主義から発生するアカン問題。

※アカン系完璧主義とは。

完璧主義が一周回って「どうせ完璧にできないならやらないほうがまし!」となってしまい何もできないというよろしくない状況を適当に表した言葉。

 

はい。

どうもアカン系完璧主義者のせーです。

今日はなんか別の事を書こうと思ってたんですが、アカン系完璧主義が頭の中ぐるぐるし始めてしまったのでそっちを先にひも解いてみようと思い立ちました。

常に思うのですが、このアカン系完璧主義とADHDの先延ばし癖って相性抜群過ぎて非常に厄介ですよね。いや、ほんとに。

 

・そもそも完璧主義者なのか?

わかりません。ただ、物凄くプライドが高く、理想が高い故に、自尊心とかその辺ボロボロになっている自覚はあります。プライド高いのに自尊心低いってなんやねんとか思いますが、理想が高い故に自分の至らなさやダメな部分が目について自分を卑下す形となり、結果として自尊心が育たず劣等感まみれの人間になったということだと思われます。

自分自身のことを完璧主義者とは長いこと思ってこなかったのですが(自分が完璧じゃないし)(その思考回路がすでに完璧主義傾向という矛盾)“常に100%の力を発揮しなければ気が済まない”とか“やるからには徹底的に”という己の理想を貫く傾向があるので、その辺が完璧主義傾向なのかなと思っています。

他人に対して「完璧であれ!」という事はまったくないです。

 

自分が設定した「完璧(理想)」に対して自分が「結果(現実)」に満足できるか否か。

 

それだけの問題なんですが

それが非常に厄介な大問題。

 

自分が基準になるので、他の人が「結果(現実)」を褒めても、自分が満足できてないと「結果(現実)」を良いものと思えない。

褒められても「いや私なんか全然!! こんなこと褒められることじゃないです」と本気で言いだすタイプ。

 

めんどくさいと思った方。

私もそう思う。自分でもそう思う。

これにも名前をつけたい。拗らせた完璧主義とか。拗らせ系完璧主義とか。

 

で。

 

そんな傾向を持っている自分が今日リアルに「自分めんどくせえ!」となったのが

 

自分の手掛けたものが非常に気に食わない。

でもやり直したりしっかり手をかけるのは今の自分には大変だし、そもそも重要なものではないから手を抜くことを憶える為にもこのままにしよう。

やっぱり気に食わないからその先の作業に手を付けられない。

 

このあたりで頭の中ぐるぐるになってきたので、作業中断して休憩することにしました。最近凄くよくあるパターンで、作業としては数十分で済むものが自分が納得できないという理由だけで数時間放置してしまう。

 

他にも。

 

・自分の格好に納得がいかないから外出たくない。(これに身支度の面倒くささが加わって先延ばしになった結果行うべきことが出来ないことが良くある)

・ちゃんと楽しめる、ストーリーとか理解できる時にやりたいから手を出せない(積みゲー問題)

 

とか。……具体的に考えたら案外少なかったのは、たぶん私が今ほぼ引き籠っているからだと思われます。

 

あと、個人的に大打撃なのが、

 

・いいお客さんでいられる自身がないからライブに行けない。(身支度の面倒くささ以下略と行くのは良いがかえってこれる自身がないという理由も足される)(ライブ行けない案件)

 

これは拗らせててTwitterとかで情報収集するのもしんどいことになってます。

 

ここまで書いてて、このブログを削除したくなってきているのもアカン系発生してますね。

今書いてる文章って題名と合ってるのか不安になってきました。

公開してたら頑張ったと思ってください。

 

解消するには自分が折れればいいだけの話なんですよ。

出来なくてもしゃーない。

納得できなくてもしゃーない。

でもそれが出来てれば苦労していないっていう話ですよね。

 

あと、調子が良いときにできてることが調子が悪い時にできない事も自分にとっては打撃になるので不のスパイラルが起こります。

 

はてさて。

話の終着点がわからなくなってきました。

 

まあ、どうしたらいいかという話ですよね。

どうしたらいいのかというのは、簡単な話ですよね。

 

諦めよう。

 

……んー! 納得いかない! でも公開ボタンとりあえず押すことにする。

押しなさい自分!